アジングロッドで「チヌ」は釣れる?その答え合わせ

アジングのように成熟したカテゴリではないとは言え、ライトゲームで狙う「チヌ」が人気急上昇中です。所謂「チニング」と呼ばれるカテゴリですが、僕が大好きな釣りの一つです。僕の場合、本格的なチニングというよりは、手軽に楽しむ「ライトチニング」を楽しんでおり、自宅近くにあるポイントでチヌを狙っています

さて今回は「アジングロッドでチヌを釣ることができるか?」このテーマに沿ってお話していこうと思います。「アジングついでにチニングをしたい」「アジング中にチヌが釣れても大丈夫か?」置かれた状況は人それぞれですが、その答えを探っていきましょう

アジングロッドで「チヌ」は釣れる

チヌはアジングロッドで釣ることができます。ただし、最適解でないことを理解した上でのゲーム展開、タックル編成を行う必要性がある

アジングロッドでチヌを釣ることができるか?その答えとしては「できる」が結論です。というより、僕自身アジングやメバリングを楽しむためのロッドを使いライトチニングを楽しんでいるため、できないと考えるほうが不自然なぐらいです

ただ、やはりアジングロッドはアジを釣るためのものであり、本格的なチニングを楽しむなら「チニングロッド」を買ったほうがいいですね。アジングの合間にチニングを楽しみたい、アジングの外道としてチヌが釣れるエリアで釣りをする、そのような場合、アジングロッドをチニングに流用することもアリだとは思います

抜き上げはダメ

アジングロッドで釣れたチヌを抜き上げると、パキッとロッドが折れてしまう恐れあり

言うまでもないですが、チヌはアジに比べ重たい魚です。体高あるボディをしているため、サイズが小さなチヌであっても無理な抜き上げはロッド破損リスクが高まるため、チヌがヒットするエリアで釣りを楽しむときは、念の為タモを持っておけば安心ですね

読んでほしい記事
アジングにタモは必要?外道対策として持っておくに越したことはない

そこそこパワーあるタックルを

一言でアジングロッドと言っても、超繊細なパッツン系ロッドであったり、粘り強くパワーのあるロッドであったり、その性質は様々です。アジングロッドでチヌを狙う場合、やはり「そこそこパワーのあるロッド」をセレクトすべきです


  • 6ft〜7ft
  • 先調子よりもレギュラー寄り
  • 1〜5gほどのが適正値

このようなアジングロッドであれば、チニングへ流用するのもありでしょう。

1g〜3gほどのジグヘッドがメイン

チニングでは〜10gほどの幅でジグヘッドを選ぶ人が多い印象ですが、アジングロッドにてチヌを狙う場合、1g〜3gほどのジグヘッドがベストでしょう。どこまで重たくても5gまでかなと考えています

そもそもチヌを狙いやすい場所は「水深が浅い運河や河川」のため、必要飛距離をクリアすれば軽いジグヘッドを使うほうが釣果を得やすいです。ちなみに僕は3gのジグヘッドをメインに、状況に応じて2g、1gを使います

読んでほしい記事
釣果を変える「アジングで使うジグヘッドの重さ」を知っておこう

使うワームはなにがいい?

アジングロッドでのチニング、もとい「ライトチニング」で使うワームですが、アジング・メバリング用でリリースされているワームでOKです。普段から使ってるワームを、そのまま流用すればいいですね


  • 1.5〜2インチ
  • カラーはクリア系
  • 少しファットなボディ

僕がライトチニングを楽しむときは、このようなワームを使っています。手前味噌ではありますが、僕はリグデザイン「リブリブ」を使いアジングロッドでのライトチニングを楽しむことが多いです。2インチの少しファットめなボディがチヌに効くんですよね

アジングの外道としてよくチヌが釣れていたので流用してみると、チヌが釣れる釣れる。それからはリブリブを使ったライトチニングをずっと楽しんでます。カラーはケイムラクリアをよく使います

ユーザー様が1000名を超えました!ありがとうございます!

ボトムを縦に狙おう

ズル引きではなく、縦に狙う釣りがよく釣れる。そのやり方を具体的にまとめます

さて最後に、アジングロッドでチヌを狙うときの釣り方をお話しようと思います。チニングと言えば「ボトムのズル引き」イメージ強めですが、僕はズル引きでのチニングはあまりやりません

アジングロッドでのライトチニングを楽しむ釣り方は


  • 水深2m以内の場所が理想
  • 夜のほうが釣れる
  • 河川や運河がマスト
  1. キャストする
  2. ボトムを確実に取る
  3. チョンチョンと2回アクション
  4. テンションフォールで着底
  5. 着底後すぐにアクション
  6. これを繰り返す
  7. アタリは明確にカツンと出ます
  8. 合わせてキャッチしましょう

流れとしてはこんな感じ。ボトムを確実に取るのと、再着底後の即時立ち上げが釣果を伸ばすコツ。チヌは警戒心高めな魚のため、無駄なステイはなるべく入れないほうがいい

アタリはカツンと金属的に出るため、ラインテンションさえ張っていれば問題なく取れます。また、アジングロッドではチヌの引きを一気に抑えることが難しいため、ゆっくり慎重にいきましょう。また、サイズ大きなチヌがヒットするとタックルパワー不足が目立つため、人が少ない場所で実践するようにしてください

ユーザー様が1000名を超えました!ありがとうございます
ユーザー様が1000名を超えました!ありがとうございます!

リグデザイン「リブリブ」「リーブイ」はアジはもちろんチヌの反応も良しです。僕はライトチニングにおいてリブリブ使用がメインですが、友達はリーブイばかり使って驚くほどチヌを釣ってくれています。よく釣れるので、ぜひチェックしてみてください

アジ・メバルを釣りたい人は「この最強ワーム」を使ってみてください

最強ワームの詳細を見る
  • 関連記事
PAGE TOP