Loading

BLOG

メバリングで活用する「ジグヘッドの重さ」の基本や使い分けのまとめ

今回は、メバリングで活用することが多くなる「ジグヘッド」の重さや、その使い分けについてまとめていこうと思います。メバリングで使うジグヘッドには、0.1g単位で細かくウエイト設定されているものが多く、その微差をストイックに考慮することでより良い釣果に結びつけることができるため「たった0.1gの差で何が変わるのか?」と考えるのではなく、より細かく使うジグヘッドの重さを考慮していく気持ちが大切です。

メバリングで使うジグヘッドの重さは、0.4g〜3gまでを揃えておくのが理想的

まず、メバリングでは基本として何グラムのジグヘッドを活用することになるのか?というお話ですが、個人的には「0.4g〜3gまで」のジグヘッドを活用し、メバリングを楽しむようにしています。0.1g単位で揃える必要性はありませんが、できれば0.2g単位で細かく揃えておくのが好ましいですね。

具体的に言うと、0.4g、0.6g、0.8g、1g、1.2g、1.5gと、1.5gまでは0.2g単位で揃えておき、その後は2g、2.5g、3gと、大まかに揃えておけばオッケーです。というのも、メバリングでは1g前後のジグヘッドを使うことが軸となり、ある一定の状況下のみ、それ以上の重さを使うことになるため、1.5g以上のジグヘッドに関しては、細かく揃えておく必要性がない・・・というのが、個人的な見解です。

 

逆に言うと、1g前後の重さに関しては、ほんの0.2gの差が釣果に驚くほど影響してくるほどシビアな状況下もあるため、なるべく細かく揃えておくことをおすすめします。例えば、0.8gでは全くメバルの反応がなかったのに、0.6gにすることで嘘のように好反応を見せるようになった・・・実際、このような場面に遭遇することが多いため、より釣果を残すために、よりストイックに「ジグヘッドの重さ」を細かく揃えておくのが一番ですね。

ジグヘッドの重さによる「使い分け」についてまとめてみる

では、「0.2g単位で揃えてジグヘッドを、どの使い分けていくか?」という点についてまとめていきたいと思います。まず、先程もお話した通り、メバリングで軸となるジグヘッドの重さは、「1g」としておけばオッケーです。現場に着いて最初に使うのが「1gのジグヘッド」で、その後、状況を考慮しつつ、ジグヘッドの重さを調整していく・・・という感じですね。

例えば1gでは「アタリがあるのに乗らない」となるケースでは、【よりスローに動かす必要性がある】【ジグヘッドが重く上手く口に入れ込めない】←このような推測を立て、0.8g、0.6gとジグヘッドの重さを軽くします。

 

また、1g前後のジグヘッドで反応が悪いときは、テトラ際や堤防際を0.4gほどのジグヘッドでフワフワと漂わすように流すことで、ガツン!とHITすることが多いです。この辺りは実際にメバリングでの場数を踏み、沢山の経験を踏むことで【どの場面でどのジグヘッドの重さをセレクトすれば良いか?】が見えてくると思いますので(これを言うと元も子もなくなりますが・・・)、経験あるのみです。

一方、メバリングでは重たいとされる「オーバー2gのジグヘッド」ですが、1g前後のジグヘッドでは釣りがやり辛い状況下で活用するのが一番となり、例えば「水深が深い場所」「風が強い」「潮流が速い場所」このような場面が、メバリングで重たいジグヘッドを使うべきタイミングとなります。

重たければ重たいほど釣果に悪影響を与える?

メバリングでは「1g前後のジグヘッドを使うもの」というイメージが強く、その認識が間違っている訳でもないのですが、どうしてもその先入観から、2g以上のジグヘッドでは【メバルが釣れない】と感じている人が多いようです。釣り場で「何グラムのジグヘッドを使っていますか?」と聞かれたときに、「3gです!」と答えると、何とも不思議そうな反応を見せる人が多いですからね。それほど、メバリングにおいて重たいジグヘッドは悪影響を与えるもの・・・と認識されているということです。

では、果たして「重たいジグヘッド(3gまで)はメバリングにマイナスなのか?」という点ですが、個人的な経験上、2g、3gのジグヘッドであっても、問題なくメバルを釣ることは可能です。ただし、重たいジグヘッドは使えはするものの最適ではないため、【重たいジグヘッドを使わなければいけない状況下でのみ使う】というのが最適案と考えておいて下さい。

 

前述した通り、風が強い日や潮流が速い場所、水深が深い場所など、1g前後のジグヘッドでは上手く扱えない状況下では、より操作感が良くなる2g、3g程度のジグヘッドが大きな力を発揮してくれるため、タックルケースの中に(一応)常備しておき、1g前後のジグヘッドではまともに釣りができない状況下において、使える準備をしておくことをおすすめします。

確かに重たいジグヘッドを使うことで食いが悪くなることもありますが、否が応でも軽量ジグヘッドを使い「何をやっているか分からない」となるよりは、重たいジグヘッドを使い、操作性良くメバリングを楽しむほうがプラスとなる要因が多いため、3g前後の重たいジグヘッドなんてメバリングには必要ない・・・と考えるのではなく、状況によって重たいジグヘッドも使う・・・という選択肢を用意しておくほうが、メバリングにおいてプラスになることのほうが多いんじゃないかな?とは思いますね。

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. 【メバリング】アタリと合わせについてを知る!乗らないときの対策方法も

    2018.12.11
  2. メバリングは値段の安いリールでも問題なく楽しむことができるのか?という点について…

    2018.12.04
  3. メバリングで使う「ワームの大きさ(サイズ)」について考えてみる

    2018.12.06
  4. メバリングで使う「ラインの太さ」は何号が無難?

    2018.12.04
  5. 一度使ったワームは使い捨てにすべき?

    2018.10.04
  6. メタルバイブレーションで「アジ」「メバル」を狙う!使うタイミングや釣り方まとめ

    2019.05.27
PAGE TOP