Loading

BLOG

メバリングで使う「ラインの太さ」は何号が無難?

このページでは、メバリングで使う「ラインの太さ」は、どれくらいがベストなのか?という点についてまとめていきます。メバリングで使うラインの太さは、思っている以上に釣果へ直結することが多くなるため、たかだかラインの太さと考えるのではなく、よりストイックにラインの太さについて考えることで、より良いメバルの釣果を残すことができることでしょう。

メバリングでは、細いラインほどパフォーマンスが高まるという認識でオッケー

メバリングを含むライトゲームを楽しむときは、基本的な考え方として「細いラインであればあるほど良い」という認識でオッケーです。もちろん、あまりに細すぎるラインでは、メバルとのファイト中に切れてしまったり、強度面で不安が残ってしまうため、具体的に言うと【実用性を無視しない程度で考えられる、細いラインを使うもの】というのが正解ですね。

なぜ、メバリングではラインの太さを細くするほうが良いのか?その理由としては「風の影響を受けにくくなる」「より飛距離が伸びる」「感度が良くなる」このように、細いラインにはメバルの釣果を伸ばすために大きな武器となる要素が沢山あるため、メバリングで使うラインの太さは、できる限り細いほうが良い・・・というのが、個人的な持論です、

 

まず、ラインが細くなると風や潮の当たる面が小さくなるため、抵抗が少なくなります。これによって風の影響を受けにくくしたり、潮馴染みが良くなるため、1g前後のリグがメインとなるメバリングにおいて、より有利な条件が揃うのです。また、細いラインは摩擦の関係上、太いラインと比べると飛距離が伸びます。

そして、細いラインは潮馴染みが良く、ラインテンションを常に掛けやすくなるため、「感度面」で見てもメリットに感じる部分が出てきます。ラインが弛んだ状態では、どうしても感度が鈍くなってしまいますからね、少しでも感度良くメバリングを楽しむために、より細いラインを使うのは必須条件です。

合わせて読みたい

メバリングで使うラインの種類を考える
ジグヘッドの重さを考える

PEラインは0.2号〜0.4号ほどが無難

では、具体的にメバリングで使うラインの太さはどれくらいの号数がベストなのか?という点ですが、PEラインに関しては「0.2号〜0.4号」程度の幅で考えておけばオッケーです。これより太いラインは、(使えないことはないが)メバリングに最適ではないと言えるため、どれだけ太くても0.4号までのPEラインを巻いておくことをおすすめします。

0.2号のPEラインとなると「細すぎるんじゃないか?」「尺メバルが釣れたときに切られそう」そのようなイメージを持つ人がいるようですが、個人的な経験としては、PE0.2号で70cmクラスのシーバス、40cmオーバーのチヌを何度も何度も釣り上げていますが、自分のミスを含めない、純粋な強度不足によるラインブレイクは、過去一度も起こしたことはありません。

 

もちろん、やり取りスキルやドラグ調整による負荷の軽減は必要となりますが、PEライン0.2号は想像している以上の強度を持っているため、尺メバルクラスの大きな個体がHITしたときも、強度面で不安に感じることは一切ないと考えておいて間違いないでしょう。

ちなみに、メバリングでPEラインを活用するときは、必ず「ショックリーダー」を結束することが必須です。

合わせて読みたい

ショックリーダーについて知る

フロロカーボンライン、ナイロンラインは〜4lb程度の太さがおすすめ

メバリングでPEラインではなく、フロロカーボンライン、ナイロンラインを使うときに意識しておきたい「ラインの太さ」ですが、いずれも〜4lb程度までの太さを使う・・・そんなイメージでオッケーです。個人的には、フロロカーボンライン4lbをメインに、メバリングを楽しむことが多いですね。

フロロカーボンライン、ナイロンラインはPEラインと比べると引張強度が低いため、「気持ち太めのラインセッティングのほうが良いんじゃないかな?」というのが本音であり、あまりに細いラインを使ってしまうとラインブレイクが頻発してしまう恐れもあるため、その点を考慮し、メバリングで使うラインの太さを決めてみることをおすすめします。

使うリールの糸巻き量も考慮しておこう

また、メバリングで使うラインの太さを考えるときは、使うリールの糸巻き量も考慮しておくことが大事です。メバリングでは1000番、2000番のスピニングリールを使うことが基本となりますが、1000番と2000番のスプールでは、巻ける糸巻き量に若干の違いが出てくるため、注意が必要です。

糸巻き量に関しては人によって思うところがあるでしょうが、個人的には100m〜150mほど巻いておくのが理想的であり、少なすぎず多すぎずを意識しておくことをおすすめしています。糸巻き量が少なすぎると、高切れなどで「ラインが足らない」ということが考えられますし、反対に巻きすぎるとライントラブルの要因となったり、飛距離の低下に繋がるため、使うリールの糸巻き量を考慮し、メバリングで使うラインの太さを決めるほうが良いですね。

合わせて読みたい

メバリングで使うリールの番手を知る

関連記事

  1. メバリングは値段の安いリールでも問題なく楽しむことができるのか?という点について…

    2018.12.04
  2. メバリングで使う【リールの番手】は、1000番か2000番がおすすめ

    2018.12.03
  3. リアクションでアジ、メバルをゲット!【ダート用ジグヘッド】の詳細や使い方をまとめ…

    2018.11.28
  4. メバルは雨でも釣れる?天気が悪い日のメバリングで意識したいことまとめ

    2018.12.11
  5. アジングやメバリングで「フグ」にワームを噛みちぎられるときに考えること

    2018.10.19
  6. ライトゲームで装備しておくべきアイテムまとめ

    2018.11.28
PAGE TOP