Loading

BLOG

メバリングはPEライン、フロロカーボンライン、ナイロンライン、どれを使うべきなのか?

今回は、メバリングを楽しむときに使う「ラインの種類」についてまとめていきたいと思います。メバリングでは、PEライン、フロロカーボンライン、ナイロンライン、この3つの中から使うラインを選ぶことになり、使うラインの種類によって「釣果の良し悪しが変わる」というほどは重要な要素となるため、自分に合ったラインを見つけ、より戦略的にメバリングを楽しんでいくことをおすすめします。

PEライン、フロロカーボンライン、ナイロンライン、それぞれの特徴を考え、メバリングで使うラインを考える

まず、メバリングで使うことになる「PEライン」「フロロカーボンライン」「ナイロンライン」この3つのラインは、一体どのような違いがあり、どのような特徴を持っているのか?という点について知っていくのが先決です。メバリングを始めたばかりの頃は、「ラインなんてどれでも一緒だろ」こう思ってしまいがちですが、メバリングで使うラインの種類により、釣果に物凄い差が出ることも考えられるため、よりストイックに考えておくことをおすすめします。

まず、「PEライン」の特徴ですが、PEラインは伸びがないラインであり、感度、飛距離、強度、どれを見てもその他ラインを圧倒する性能を持っています。しかし、比重が軽く風に弱い、擦れに弱いなど、致命的な欠点もあるため、メリットは多いがデメリットも多いライン、そのような認識でオッケーです。(メバリングを含むルアーフィッシングにおいて、PEラインを愛用している人の割合は凄く高いです)

 

続いて「フロロカーボンライン」の特徴ですが、フロロカーボンラインは適度に伸びがあり、擦れに強いという特性を持ったラインです。感度、飛距離、耐久性、どれを見てもPEラインに敵うことはありませんが、実用面だけを考えると、問題なくメバリングで活用できるラインです。

最後に「ナイロンライン」ですが、ナイロンラインは伸縮率が高いラインであり、3種類のラインの中で最もトラブルフリーなラインで、最も安価なラインとなっています。しかし、耐久性が脆く、感度、飛距離面を見てもパッとする性能がないため、これと言った特徴がないラインであり、良く言うと癖が少なく初心者向けのラインとも言えますね。

 

では、PEライン、フロロカーボンライン、ナイロンライン、それぞれの特徴が簡単に分かったところで、続いて各ラインの特徴や使い所をより詳しく見ていきたいと思います。

感度、強度、飛距離重視ならPEラインがおすすめ!ただし、数多くのデメリットもあり

PEラインは非常に高性能なラインであり、感度面を見ても、強度面(引張強度)を見ても、飛距離面を見ても、他のラインでは到底敵わないレベルでハイスペックなラインとなっています。後ほどお話するPEラインのデメリットを飲むことさえできるのであれば、メバリングにおいてPEラインを使わない手はありませんね。

メバリングはただ巻き重視の釣りを展開することが多くなるため、感度面を有力視する人は少ないですが、メバルがボトムに沈んでいたり、活性が低いときなどは、非常に小さいアタリしか出ないことも多く、感度の良さが釣果を分ける大きな鍵となることもあります。また、尺近いメバルともなると強烈なファイトを見せてくれるため、強度の強いPEラインの存在は、メバリングにおいて大きな武器となることでしょう。

 

しかし、見出しにもある通り、PEラインには数多ものデメリットが存在しており、メバリング初心者の方がいきなり扱おうとすると、中々難しいものがあるかもしれません。例えばPEラインは「擦れ」に弱く、テトラやメバルのヒレにラインが擦れただけでもラインブレイクを起こすこともありますし、その弱点を補うため、先端30cm〜ほど「ショックリーダー」を結束しなくてはいけなくもなります。

また、PEラインは比重が軽く、風が強い日や水深の深いエリアでボトムを攻める場合など、比重の軽さが仇となり使い勝手が悪くなるケースが沢山あるため、その辺りも考慮した上で、メバリングでPEラインを使うのが一番ですね。

根回りを攻めるときや、風が強い日はフロロカーボンラインがおすすめ

メバルは根魚に分類される魚のため、日中の明るい時間帯や、活性が低いときは、根に身を寄せるように暮らしていることが多いです。そのため、場合によっては根の荒い場所を攻めることもあるのですが、PEラインではどうしても「根ズレに弱い」というデメリットが大きく関与してくるため、メバリングにおいて根の荒い場所をダイレクトに攻めることが多くなる釣りを展開するときは、擦れに強い【フロロカーボンライン】がおすすめです。

また、1g前後のリグを扱うことになるライトゲームでは「風」が大敵となりますが、PEラインの比重の低さでは風に負けてしまい、上手く釣りを展開することができなくなってしまいます。そのため、風が強い状況下でメバリングを楽しむときは、比重が高く風に強いフロロカーボンラインを使うことで、より優位にメバリングを楽しむことができるようになります。

安価でただ巻きの釣りに特化するなら、ナイロンラインという選択肢もあり

メバリングでは、基本的なテクニックとして【ただ巻き(リトリーブの釣り)】で攻めることが多くなりますが、PEラインのように伸びのないラインを使っていると、メバルからのアタリを弾いてしまい、アタリはあるけど乗らない・・・という状況下に陥ることがあります。

このように、ただ巻きメインのメバリングを展開し、より食い込みを良くするためには、「伸縮率の高いライン」を使うことでより有利に事を進めることができるようになるため、乗せ調子のメバリングを展開したい人は、ナイロンラインを使う・・・という選択肢もありですね。

個人的には、PEラインとフロロカーボンラインを使い分けるようにしています

あくまで個人的なお話とはなりますが、個人的にメバリングでは「PEライン」をメインに使い、サブとして「フロロカーボンライン」を使うようにしています。釣り場には必ずPEラインを巻いたリール、フロロカーボンラインを巻いたリールを用意していき、その場所そのときの状況に合わせ、ラインをセレクトしていく感じです。

やはり、PEラインの持つ感度、飛距離、強度はメバリングにおいて大きな武器となりますし、PEラインを使うことに慣れてしまえば、デメリットすらもコントロールできるようになるため、基本としてはPEラインを使うのが一番じゃないかな?とは思っています。

 

ただし、前述した通りPEラインは「風に弱い」という性質を持っているため、風が強くPEラインでは上手くラインコントロールをできない場合など、不利に感じるシチュエーションでは、迷うことなくフロロカーボンラインを使うようにし、上手く使い分けるようにはしています。

メバリングではどの種類のラインを使うのがベストなのか?この問に関するリグデザイン的な結論を言うと、(確実な答えはないが)PEライン、もしくはフロロカーボンラインをメインとして考え、初心者の頃はナイロンラインで感覚を掴む・・・このような感じとなりました。

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. 昼にメバルを釣る!デイメバリングを楽しむときのコツを紹介

    2018.12.09
  2. ライトゲームで【根掛かり】が頻発するときの対処方法まとめ《アジング・メバリングe…

    2019.04.22
  3. 【メバリング】アタリと合わせについてを知る!乗らないときの対策方法も

    2018.12.11
  4. ニオイ付きのワームは、ライトゲームで効果あり?その真相に迫ります

    2018.10.19
  5. アジングやメバリングに「タモ」は必要?ランディングネットの重要性を考えてみる

    2019.06.03
  6. メバリングで活用する「ジグヘッドの重さ」の基本や使い分けのまとめ

    2018.12.03
PAGE TOP