Loading

BLOG

メバルをメタルジグで釣る!釣り方と使うタイミングまとめ

メバリングと言えば「ソフトルアー(ワーム)」を用いた釣りが一般的ですし、基本的にはハードルアーよりも、ソフトルアーのほうがイージーな釣りを展開することができ、より釣果を伸ばすことができる可能性が高くなるということが一般論です。もちろん、ワームよりもハードルアーのほうが良く釣れる状況下もありますが・・・。

しかし、万能かつコンスタントにメバルの釣果を得やすい「ワーム」ではありますが、ときにその魔法の食わせ能力を持ってしても、メバルに口を使わせることができない状況下があり、他の引き出しをガラッと開け、戦略を細かく練らなければ釣果に繋げることができない・・・そのような状況に陥ることがあります。

 

そこで今回は、ワームで釣ることができないメバルを「メタルジグ」を用いて釣るための釣り方や使うタイミングについてまとめていきたいと思います。メバリングでメタルジグ!?と感じる人も多いでしょうが、一つの武器として【メタルジグ】を使うという選択肢を持っておくことでプラスになる状況下は必ず出てくるため、ルアーケースの中に一つ二つのメタルジグを忍ばせておくと、より戦略性の高いメバリングを楽しむことができるでしょう。

メバリングでメタルジグを扱うときのロッドセレクトと、メタルジグの重さを考えてみる

まず、メバルをメタルジグで狙うときに使う【メタルジグ】の重さですが、基本的にはライトゲーム用としてリリースされているメタルジグを使い、重さは〜5g程度のものを使うことが一般的です。しかし、潮の速さや水深によっては10g前後のメタルジグを使うこともあります。個人的な感覚としては、3gと5g、2つのウエイトがあれば十分なんじゃないかな?とは感じています。

そして、メバリングでメタルジグを扱うときに使う「ロッド」や「リール」の選び方ですが、あまりに繊細なロッドではメタルジグを思うように操作することができなくなってしまうため、張りがあり、そこそこパワーのあるメバリングロッドを選んでおくほうが無難でしょう。

 

具体的に言うと、ソリッドティップではなくチューブラーティップが最適で、長さは6ft〜7ft程度、扱えるルアーウエイトは〜7gほどあればなお良しです。リールは通常のメバリングと同じく2000番を使っておけば間違いないでしょう。

合わせて読みたい

メバリングリールの番手は何番がいい?
メバリングロッドの長さを決める

メバル狙いでメタルジグを使うタイミング

記事冒頭でもお話した通り、メバリングでは「ワーム」を使った釣りが一般的となっているため、メタルジグはあくまで「サブ」として扱うことが一般的でしょう。では、メバリングにおいてメタルジグを使うタイミングはいつなのか?という点ですが、一つ目が「昼の時間帯」、2つめが「メバルの活性が異様に高い状況下」、この2つが、メバリングにおいてメタルジグを使うタイミングとなります。

まず「昼の時間帯」ですが、メバルの生態的に、昼の時間帯は根の周りでジッとしていることが多く、夜のように積極的な捕食活動をすることが少なくなります。また、昼の時間帯はメバルから見た視認性が良くなってしまうため、「ワームを見切られやすく」なってしまい、思うような釣りを展開することが難しくなるケースが多いです。

 

そこで取るべき戦略が「リアクションバイト狙いの釣り」であり、つまりルアーを餌と認識させ口を使わせるのではなく、所謂【反射食い】を誘発し、バイトに繋げる・・・という類の釣法です。肉食動物の本能として、急激に動くものに対し高反応を見せる性質があり、メバルには手がありませんので、口を使いルアーにアタックしてきます。メタルジグは、リアクションバイト狙いのクイックアクションを演出しやすくなるため、デイゲームでのリアクションバイト狙うの釣りには打って付け!だと言えますね。

そしてもう一つ「メバルの活性が異様に高い状況下」ですが、メバルの活性が高くどのような釣りにも高反応を見せる状況下では、ワームがボロボロになってしまいやすく、つまり「コストパフォーマンス」が悪くなってしまいます。このような状況下ではメタルジグにも同様の反応を見せることがあるため、傷つきにくく、耐久性の高いメタルジグを用いることで、コスパ良くメバリングを楽しむことができる・・・という訳です。

合わせて読みたい

昼にメバルを狙うときの釣り方まとめ

メタルジグでメバルを狙う「釣り方」まとめ

メタルジグでメバルを狙うときの釣り方ですが、基本的には「アクション」+「フォール」で狙うことになります。もう少し具体的に言うと、メバルがいそうな場所へメタルジグを落とし込み、ロッドをチョンチョンチョンと一定テンポで軽く動かし、その後カーブフォールでアタリを取る・・・という流れですね。もちろん、広くキャストし広範囲を探ることも一つの手ですが、メタルジグを活用するときは足元や障害物周りなど、メバルがピンポイントに付いている場所を狙ったほうが効率的です。

デイゲームでは、足元にメタルジグを落としチョンチョンしていると、その後をメバルが追い回している状況を肉眼で確認できることもあるため、魚影が濃い場所へ出向き、メタルジグを用いた「サイトフィッシング」を楽しむことも、一つの楽しみ方と言えるでしょう。

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. フロートリグの使い方まとめ!《アジング・メバリング》沖にいる魚を狙い撃とう!

    2019.04.23
  2. 【メバリング】アタリと合わせについてを知る!乗らないときの対策方法も

    2018.12.11
  3. アジングやメバリングで「フグ」にワームを噛みちぎられるときに考えること

    2018.10.19
  4. メバルをフォールで釣る!!大爆釣することも!その釣り方まとめ

    2019.06.10
  5. 釣りで「ネックライト」を使って感じた、良い所と悪い所

    2018.12.01
  6. アジングやメバリングに「タモ」は必要?ランディングネットの重要性を考えてみる

    2019.06.03
PAGE TOP