Loading

BLOG

メバルをワームの「ただ巻き」で釣るときの巻き方まとめ!圧倒的に釣果へ差が出る!?

今回は、メバリングにおいて主力級の武器となるテクニックである「ただ巻き」にフォーカスしてまとめていきたいと思います。ただ巻きとは文字通り「ただ巻いてくる」だけのテクニックとなりますが、言葉で聞くよりも難易度が高いテクニックであり、人によっては「ただ巻きほど難しいテクニックはない」と断言するほどは、簡単ではないテクニックです。

メバリングでは「ただ巻き」を主に釣りを展開している人も多く、ちょっとした巻き方の差であったり、リトリーブスピードであったり。少しの差が釣果に圧倒的な差を生むこともあるため、メバリングにおける「ただ巻き戦略」を知っておくことで、より釣果を伸ばすことができる可能性を増幅できることは間違いないでしょう。

メバルをワームの「ただ巻き」で釣るときの基本的な考え方

まず、メバルをただ巻きで釣るときに意識しておきたいポイントですが、第一に「レンジ」を考え、第二に「リトリーブスピード」を考えるべきだとリグデザインでは考えています。まずレンジですが、必ず「メバルがいるであろうレンジ」にワームを通してやる必要性が出てきます。メバルがいない層を幾ら引いてきても、上手く釣果を伸ばすことは難しいでしょう。

例えば、メバルが表層に浮いているときは表層付近をただ巻きで引いてくる。ボトム付近にいると推測できるときは、ボトムを舐めるように引いてくる・・・など、必ずメバルがいる層に対し「ただ巻き」でアプローチすることが、釣果を伸ばす第一段階となります。

 

そして「リトリーブスピード」ですが、メバルの活性が低いときほどリトリーブスピードによる食いの差が出るように感じており、反応の良い巻きスピードを如何にして判断するかが釣果を伸ばすための鍵となることがよくあります。また、ジグヘッドの重さや潮の速さによる「リトリーブスピードの調整」も大事な要素となり、具体的に言うと巻スピードが速すぎるとレンジが浮いてしまいますし、逆に遅すぎるとレンジは下がってしまうため【真っ直ぐ引いてこれるリトリーブスピード】を見つけ、そのスピードで「ただ巻き」を実践することで、より釣果を伸ばすことができる可能性が高くなるでしょう。

合わせて読みたい

メバルがいるレンジを考える
メバリングで使うジグヘッドの重さ

レンジキープを確実に行うことが釣果を伸ばす鍵

メバルをただ巻きで狙うときは、メバルのいる層を「真っ直ぐ」ただ巻きしてくることが好ましいとされています。ではなぜ、真っ直ぐ引いてくることが好ましいのか?というと、メバルはワームの後ろに追尾し、捕食しようかどうかを迷っている素振りを見せることがよくあります。つまり、メバルの心境としては「これは餌なのかな?」と疑っている状態であり、ワームの後ろに付きながら、食べようかどうしようか・・・と迷っている訳です。

その状況で、レンジがチグハグに上下してしまったり、不自然な動きをしてしまうと「あ、これは危険だ」と判断されてしまい、後ろを追尾してくるものの、口は使わない・・・という状況に陥ってしまうのです。もちろん、レンジがズレても問題なく食ってくる個体もいますが、釣果を伸ばす・・・という観点で見ると、少しの差が釣果に圧倒的な差を生むことになるため、よりストイックに考えておいたほうが良いでしょう。

基本的には表層付近を探るほうが効率的

メバルをただ巻きで狙うときに攻めるレンジですが、基本的には「表層付近」を攻めるもの(ナイトゲーム主体の場合)と考えていたほうが、効率的にメバリングを楽しむことができます。というのも、メバルは暗くなると活発に餌を追い求め表層付近まで浮くことが多く、表層付近に浮いているメバルは【活性が高い】ことが多くなるため、まずは表層付近をサーチし、浮いているやる気のあるメバルを取っていくことがベストだと言えます。

表層にメバルがいない、もしくは浮いているのに口を使わないときは、一気にレンジを変え「ボトム付近」を狙うことがおすすめです。もちろん、中層を狙うことも一つの手ですが、限られた時間の中で効率的にメバリングを展開していくためにも、表層付近とボトム付近の2択に絞り釣りを展開したほうが良いと言えるため、表層がダメならボトム、ボトムも表層もダメならランガンで撃っていく・・・リグデザインでは、このような流れでメバリングを楽しむことが多いです。

ただ巻き+ステイ、所謂「ストップ&ゴー」を取り入れよう

ただ巻きだけでメバルが反応しないときは、ただ巻きの中にステイを入れる所謂「ストップ&ゴー」が有効的であることがあります。ただ巻きでワームの存在をメバルに察知してもらい、その後のフォールで口を使わす・・・流れで言うとこんな感じですね。経験上、フォールでしか口を使わないタイミング、個体があることは間違いない事実のため、ただ巻き一辺倒でメバリングを楽しむのではなく、ストップ&ゴーなどでフォールを交えた釣りを楽しむことで、より釣果を伸ばすことができるでしょう。

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. メバルをライトワインドで狙う!使うロッドやジグヘッドについて知る

    2018.12.08
  2. メバリングは難しい?それとも簡単?

    2019.04.23
  3. 一度使ったワームは使い捨てにすべき?

    2018.10.04
  4. 【メバリング】アタリと合わせについてを知る!乗らないときの対策方法も

    2018.12.11
  5. メバリングは楽しい!そう思う理由5選

    2018.12.18
  6. メバリングは大潮か小潮、どちらがよく釣れる??

    2018.12.10
PAGE TOP