アジングで「アシストフック」を使うときの基本まとめ!デメリットに感じる点も・・

今回は、アジングにて「アシストフック」を使うときの基本について、リグデザイン プロスタッフである山口の主観にてお話していこうと思います。

ざっくり言うと「アジングにアシストフックは必要なのか?」「アジングでアシストフックを使うデメリットはあるの?」って話ですね。アジングにてアシストフックを使うか使わないかで迷っている人は、ぜひご一読下さい

アジングに「アシストフック」は必要か?

まずそもそも論として「アジングにアシストフックは必要なのか?」という点ですが、個人的な意見としては「アシストフック、別にいらない」と思っています。語弊がないよう噛み砕いてお伝えすると、「アシストフックを使うほうが良い場面もあるが、敢えて使わないようにしている」という感じですね

では、アジングにおけるアシストフックはどう役割付けていくのか?という点について、ザクザク掘り下げてまとめてみようと思います

  • 豆アジの数釣り
  • カバンに忍ばす
  • おすすめアシストフック

豆アジの数釣りがしたいときは◎

アジング、特に豆アジを相手に釣りを楽しんでいると「アタリはあるのに全く乗らない」ということが幾度となくおこります。あまりのストレスに釣りを止めようかと考えるほど、合わせても合わせても全く乗らないアタリばかり・・・これ、主として「豆アジ」が原因であることが多いです

具体化すると、豆アジがワームを食べようとするが、口に入らずフッキングまで至らない、これがアタリはあるが乗らない・・・の正体です

このように、豆アジを相手取るアジングを楽しむ場合、「アシストフック」を装備したほうが打率が上がり、つまり数釣りを楽しめる率が高まります。乗らないアタリを全て取っていきたい・・・そんな人は、アシストフックを付けたアジングがおすすめです

読んでほしい記事
豆アジング攻略ガイド!豆アジを狙うときの基本や使うワームについて解説!
アジング釣果を伸ばすに欠かせない「アタリ」「合わせ」のお話

カバンに忍ばせておくと便利

アシストフックは常用的に使うものではない・・・と僕は考えていますが、あればあるで便利なアイテムです。どうしても乗せきれないアタリが頻発するときは、アシストフックを付けて豆アジングに切り替えることもよくあります

つまり、アシストフックは補助用としてカバンの中へ忍ばせておき、いざというときの必殺アイテムとして活用することがおすすめですね。

アジング用おすすめアシストフック

他社メーカー様になりますが、僕が所有しているアシストフックはこの2つです。アシストフックはサイズなど違いがありますし、取り付け方法などに違いもあるため、ご購入時はご注意下さい

アシストフックのデメリット

リグデザイン「リーブイ」を使ったアジング釣果

アジングにてアシストフックを使うメリットは、言わずとも「フッキングできる可能性が高まること」ですが、物事には良い面と悪い面があり、当然アジングにてアシストフックを使うときも、メリットの裏にデメリットが見え隠れしていることは明白です

では、アジングにてアシストフックを使うことで生ずるデメリットはどのようなものがあるのか?簡潔にまとめていきます

腕の上達にマイナス

豆アジングって、すごく練習になるんですよね。アタリがあった瞬間に合わせないと乗らないことが多いため、即合わせの練習になりますし、豆アジは雑なやり取りをすると「すぐバレてしまう」傾向もあり、やり取りの練習にもなります。つまり、豆アジングって腕の上達を求める人にとって凄く大事な釣りだったりするんですよね

ここでアシストフックを使ってしまうと、豆アジを自力で釣るスキルが身につかなくなってしまう可能性が生じ、つまりアジングが上手い人になれない可能性すら出てしまいます。

少しでもストイックにアジングを楽しみたいのであれば、アシストフックの存在がデメリットになるかもしれませんね

コストが増える

アジングって、ただでさえ沢山の道具が必要となります。ここにアシストフックが増えることで、金銭的なコストはもちろんのこと、アシストフックを入れておくケースが必要になったり、アシストフックを付ける時間的なコストも掛かってしまいます。また、豆アジが掛かりすぎてしまうことにより、良型アジの可能性を消してしまうことだってあります

全体的なコストが増える・・・これもアジングにてアシストフックを使うデメリットの一つだと言えますね

■吸い込みよいワームを使おう!

吸い込みが良いワームを使うことで、豆アジであってもスッと吸い込んでくれ、フッキング率が向上します。アシストフックを付ける前に、アジに吸い込まれやすい構造を意識することで、釣果を伸ばすことができるでしょう

アジ・メバルを釣りたい人は「この最強ワーム」を使ってみてください

最強ワームの詳細を見る

最近の記事

  • 関連記事

カテゴリー

PAGE TOP