Loading

BLOG

「アジング」雨の日や濁りのある日でも楽しむことができる?

今回は、「雨の日や、濁りのある日にアジングを楽しむことができるのか?」という点にスポットライトを当て、お話していこうと思います。「シトシトと雨が降る日でもアジングを楽しむことができる?」「濁りが酷い日でも大丈夫?」そのような疑問をお持ちの方は、参考にして頂ければと思います。

雨の日でも問題なし!

「アジングは、雨の日でも楽しむことができるのか?」この問に関する答えとしては【雨でも問題なく楽しむことができる】という認識でオッケーです。地上で雨が降ろうとも、海の中はそもそもが水の中のため、平常運転と考えておいて問題ないでしょう。

むしろ問題なのは「アングラー側のメンタル面」であり、シトシトと雨が降る中の釣りは、身体が濡れる、道具が濡れる、季節によっては物凄く寒い・・・と、マイナスに感じる部分がどうしても多くなってしまうため、素直に釣りを楽しむことができるのか?という点に関しては、首を傾げる他ないですね。逆に、【雨で濡れても全然平気】このような人は、晴れの日でも雨の日でも、どんどんアジングを楽しんじゃいましょう。

 

また、雨の日は釣行を嫌遠する人が多く、いつもは人で溢れかえっている釣り場でも「人が少なく、一級ポイントにエントリーしやすく」なる傾向にあります。一級ポイントに入ることができると、当然好釣果を望むことができるため、【人が多い場所は嫌だ・・・】そんな人は、敢えて雨の中、アジングを楽しむのもありじゃないかな?とは思います。

ただし、身の危険を感じるような大雨の日や、雷を伴う日はNG

ここで言うまでもありませんが、「雨の日でもアジングを楽しむことができる」とは言ったものの、これは一般常識内で考えられるレベルの降雨量での話であり、身の危険を感じるような大雨の日や、ゴロゴロと雷が鳴っている日の釣行は絶対行わないようにしておきましょう。

大雨が降っているだけならまだしも、プラス強風が吹き荒れている日は風に押し出され海に落ちてしまう・・・というリスクが高くなりますし、雷に撃たれ、死亡事故に繋がってしまうケースも当然あるでしょう。釣り場は開けた場所が多く、竿を持った釣り人は雷の格好の標的となるため、雷鳴が聞こえてきたり、雷光が目で見て確認できるときは、釣行を断念し、釣行中の場合は道具を放置してでも、すぐ避難するようにして下さい(手元にビリビリと感じたときは危険の合図のため、いち早く避難しましょう)

雨の日はアジが釣れやすい!は本当?

「雨の日は魚が釣れやすくなる」この言葉を一度は聞いたことがあると思いますが、実際のところ、この真否は如何なるものなのでしょうか?雨の日は気圧や、雨が水面を叩く音で魚の活性が上がることが、【雨の日は魚が釣れやすくなる】と言われている所以だそうですが、LIGデザイン的な観点で言うと、「雨の日も晴れの日も、目に見えて釣果が変わることはないんじゃないかな?」と感じています。

というより、雨の日に物凄く釣れる日もあれば、雨の日に全く釣れない日もあり、晴れの日に物凄く釣れる日もあれば、晴れの日に全く釣れない日もあるため、「その日の状況次第で釣果が変わる」としか、言いようがないですね。

 

ただし、前述した通り、雨の日は「人が少なくなる傾向」にあり、アジングで実績の高い一級ポイントにエントリーしやすくなることから、そのような意味合いで考えると【雨の日はアジが良く釣れる】とも言えます。

濁りのある日は「如何にアジにワームを見つけて貰えるか」が釣果の分かれ目

川の流れ込みのあるエリアだと、雨後に「濁り」が入ることもありますが、「濁りのある日にアジングを楽しむことができるのか?」と、疑問に感じている人も少なくないはずです。濁りが入ると、どうしても(アジから見た)視認性が悪くなってしまうため、見せて釣ることがメインのルアーフィッシングでは、濁りが不利に働くことのほうが多い・・・と言えます。

では、濁りのある日はアジングを楽しめないのか?となると、決してそうではなく、【アジのいる場所へピンポイントにキャストし、ワームを見つけて貰う】ことさえできれば、問題なくアジングを楽しむことが可能です。

 

具体的に言うと、濁りによる視認性の悪さから、アジがいる場所から遠く離れた場所へキャストしても、アジにワームを見つけてもらうことができなくなってしまいます。クリアな水質では一定距離離れていても「アジから寄ってきてくれる」ものが、濁りのせいでアジに気づいてもらえず、結果として「釣れなく」なってしまうため、なるべく(アジのいる場所へ)ピンポイントでキャストし、アジの目の前にワームを持っていってあげるのが、濁りのある日にアジングで釣果を伸ばすための一つのコツとなります。

また、「ワームカラー」で視認性を良くしてやるのも一つの手です。個人的に、濁りのある日のアジングでは「グロー(夜光)カラー」を使うことが多く、毎投、目一杯蓄光させてから投入することで、アジにワームの存在を気づかせやすくすることが多いですね。このように、濁りのある日はちょっとしたことが釣果を分ける鍵となるため、【如何に(ワームを)目立たせることができるか】を考え、アジングを展開していくことをおすすめします。

合わせて読みたい

アジングで使うワームカラーの基本

リグデザインはアジング・メバリングなど、ソルトライトゲーム製品をリリースしているメーカーです

Amazonでリブリブを見る


関連記事

  1. 【アジング】ワームが飛ばない・・・飛距離はどれくらい必要?

    2018.11.28
  2. スナップは使うべき?アジングやメバリングなどのライトゲームにおけるスナップ使用の…

    2018.09.27
  3. アミパターンでの【アジング】攻略法まとめ

    2019.06.12
  4. ライトゲーム(アジング・メバリングなど)で使う【ワームケース】を選ぶときのポイン…

    2018.11.28
  5. 赤潮は釣りに悪影響を及ぼす!?アジやメバルは釣れなくなるのか?

    2019.05.28
  6. ニオイ付きのワームは、ライトゲームで効果あり?その真相に迫ります

    2018.10.19
PAGE TOP