アジングは雨でもできる?その影響と濁りに対する問題点を洗いざらい書き出してみる

今回は雨の日のアジング、濁りのある日のアジングについてリグデザイン プロスタッフであるヤマグチの見解をまとめていきます。アジングしたいのに天気予報は雨、雨、雨、ストレス溜まりますよね〜。。そうなると「雨でもアジングに行くか」となるのが釣りバカ思考ではありますが、そもそもアジングは雨の日でも成立するのか?濁りが入っても成立するのか?

という点について、具体度を高めてお話していこうと思います。雨の日まで釣りに行くと、あなたは釣りバカの仲間入りです。後戻りできない境地に立たされていることをご理解の上、この先をお読み下さい

リグデザインはソルトルアーゲームアイテムをリリースしている釣具メーカーです。「リブリブ」「リーブイ」などアジング釣果を最大化できるワームを作り上げているので、ぜひ活用して下さい。圧倒的リピーター率です

雨の日でもアジングは成立するのか否か

そもそも雨の日であってもアジングを楽しむことはできるのか?という議題ですが、結論を言うと「雨の日であってもアジングを楽しむことは可能」というのが答えです。雨が降ろうと、そもそも海は水の集合体のため通常営業です。雨が気になるのは絶対的に陸上にいる人間の問題

雨に打たれて辛い思いをする、雨に打たれて寒い思いをする、雨に濡れて不快な思いをする、その全てを受け入れられる神のような存在なのであれば、雨の日でも竿を担ぎ、海を向かってみることをおすすめします。雨の日は人が少ないですし、ポイントに入り放題です

ちなみに僕は雨の日は絶対的に釣りに行かない派です。濡れるの嫌いですし、寒いの嫌いです。昔は雨なんて気にせず行ってたんですけどね、風邪を引くと仕事に影響しますし、幼い娘にうつしてしまうと大変なので、雨の日は大人しく家で待機です

夜でも昼でも基本的には同じ

雨の日にアジングはできるのか?という問題を細分化し「夜の雨でもアジングを楽しめるのか?」と、時間帯による疑問を持つこともあるようです。が、基本的な考え方としては夜であっても昼であっても雨は雨ですし、海の中は(一般的な雨の量であれば)通常営業です。よって、問題なくアジは釣れる

ただ、季節によっては夜の雨、冷たすぎる問題が発生することもあり、寒い時期は考えものですね。最近は高性能な雨具が売られているため、しっかりとした防寒対策をした上で楽しむことをおすすめします

ちなみにアジングは楽しむ時間帯によって難易度が変わりやすく、当然攻略方法も異なります。両者の真相を知っておくことで確実に釣果アップに繋がります。以下リンク先にてその全てをインプットして下さい

合わせて読みたい
昼間にアジングを楽しむときに絶対的に知っておきたい基本まとめ
夜のアジはこう釣る!ナイトアジングで釣果を最大化させるためのノウハウ詰め合わせ

危険な雨は絶対止めておこう

結論として「雨の日でもアジングはできる」とお話しましたが、それはあくまで一般的に許容できる範囲の雨を想定してお話しております。記録的な大雨であったり、雷がゴロゴロと鳴っているときであったり、台風が近づいてきているときだったり、命の危険を感じるほどの雨が降っている場合、当然アジングなんてしている場合ではありません

アジを釣りますか?それとも生き抜きますか?

冗談抜きで、自然の中で楽しむ趣味である釣りを楽しむ場合、危険でない状況を確保することはルールでありマナーです。危険なことを承知な上でアジングを強行する姿勢、僕は好きではありませんし、自分の身を危険に晒すことは非常にナンセンスだと言えます。自分は大丈夫、人間は心理的にそう感じるようになっていますが、他人は大丈夫じゃなくて自分は絶対大丈夫なんてものはありません。

大雨の日は、大人しく家でワーム整理でもしておきましょう

雨による濁りは釣果を落とす?

雨が降った翌日などは、特に河口周辺にて「濁り」が入ってしまうことがあります。この濁り、アジング釣果に大きな影響を与える可能性がある要因のため、確実に濁りに対する知識を深めておくことをおすすめします

まず、海が濁っている状態でアジは釣れるのか?という点。これは、濁りの程度によります。誰がどこをどう見ても泥水のように濁っている場合、これはアジが釣れなくなる可能性が高いです。ワームの存在を限りなくゼロにしてしまう濁りが入っている状況下では、やはり釣果が落ちるという経験を幾度となくしています

また、赤潮により全体的に海が濁っているときも同様です

 

ただ、適度な濁りは釣果を高める要因になります。例えばデイアジングを楽しむとき、圧倒的クリアウォーターであればワームが丸見えでアジの反応を得られない・・・そんなこと、ありますよね?

濁りがあれば、アジの警戒心を消せます。つまり、濁りがプラスに働くことになるため、この場合の濁りは自分にとってプラス材料だと考え攻めの釣りに徹しましょう。

つまり、結論としては「濁りはプラスにもマイナスにも働く」ものであり、その見極めが大事という話です

合わせて読みたい
赤潮って一体なにもの?赤潮が発生している状況下でもアジは釣れるのか?を考えてみる

雨アジングで使うべきワーム

雨の日のアジングにて使うワームを迷っているのであれば、1秒の迷いもなくリグデザインのワームを使って下さい。使ってくれると単純に嬉しいですし、釣果を最大化するお手伝いをさせてもらえます

雨の日アジングではどのワームを使えばいいか?これは普段使っているワームを使えばオッケーです。基本的には晴れの日と同じ感覚でいると間違いないですね。

ただ、濁りが入っている状況下では「グロー系カラー」が大活躍することがあるんですよ。グロー系カラーは蓄光し発光するため、簡単に言うと濁りの中でもその存在感を示してくれます。つまりアピール力が強い

フルグロー、ドットグロー共に雨アジングで好成績を残す率が異常に高いため、ぜひ使ってみて下さい!

最高のパフォーマンスで釣果を最大化しよう!リグデザイン製品をオンラインストアでチェック!

オンラインショップはこちら

最近の記事

  • 関連記事

カテゴリー

PAGE TOP