Loading

BLOG

アジングラインの種類まとめ!PE・フロロ・エステル・ナイロン、それぞれの特徴を知り、自分に合ったラインを選ぼう

今回は、アジングで使うべきラインの種類についてまとめていこうと思います。アジングでは、PEライン、エステルライン、フロロカーボンライン、ナイロンライン、この4つの中から、自分の釣りに合ったラインを選ぶことになるため、それぞれの特徴を知り、使うべきラインの種類を割り出していきましょう。

アジングに求められるライン性能

前述した通り、アジングではPEライン、エステルライン、フロロカーボンライン、ナイロンライン、この4つの中からセレクトすることになりますが、アジングにおいてラインに求める性能としては「感度」を中心に、使うラインを選ぶことをおすすめします。

そもそも「アジングで使うラインはこれがおすすめ!」と断言することができず、釣り人一人一人が持っている理想に応じたラインを使うことが理想的ではありますが、LIGデザイン的な観点から言わせてもらうと「感度が良いラインほど釣果を伸ばせる傾向にある」と感じているため、よりストイックにアジを狙いたい・・・そんな人は【感度が良いライン】を巻き、アジングに挑んでみて下さい。

 

では、4種類あるラインの中から、アジングに適したラインを選ぶために、PEライン、エステルライン、フロロカーボンライン、ナイロンライン、それぞれの特徴(メリット、デメリット)を見ていきましょう。

フロロカーボンラインの特徴

フロロカーボンラインは、適度な伸びがあり、適度に感度が良く、適度に飛距離も出る。4種類あるラインの中で、最も平均的な特徴を持っているラインです。しかし、巻き癖が付きやすい・・・と言ったデメリットもあるため、その辺りを考慮した上で使用することをおすすめします(釣行する3日前にはスプールへラインを巻いておくのがベスト)

また、フロロカーボンライン最大の特徴として「根ズレに強い」というメリットがあり、つまり「ボトムをゴリゴリ攻めるような釣り」であったり、テトラ帯、磯などでアジングを楽しむときなど、ラインが根に擦れてしまうリスクが高い場所での釣行で、大活躍するラインです。

ナイロンラインの特徴

ナイロンラインは非常に安価なラインであり、癖も弱く、初心者アングラーでも問題なく扱うことができるラインとなっています。また、ナイロンラインは伸縮性が強いラインであり、「リトリーブの釣り(ただ巻き)」に適しているラインです。しかし、この伸びが要因となり、「感度の低下」を招いてしまうため、細かいアジのアタリを取り、積極的に掛けていく釣りには向いていません。

また耐久性も弱く、頻繁に巻き替えすることが推奨されているため、「安価で買うことができるけど、コストパフォーマンス的には×」だと言えるため、この辺りを考慮した使用がおすすめです。

PEラインの特徴

現状、アジングを含む多くのルアーフィッシングにおいて、一番多く活用されているラインがPEラインです。感度が良く、飛距離が出て、操作性も抜群。PEラインはルアーフィッシングを楽しむために生まれたライン・・・と言っても過言ではありませんね。

しかし、その半面「擦れに弱い」「結束部の耐久性が弱くなる」「高価」「比重が軽く、風に弱い」と、メリットの裏には沢山のデメリットが見え隠れしているため、決して万人受けするラインではない。ということを考慮した上で、PEラインを使うのが一番です。

 

しかし、アジングで大きな武器となる「感度」面で、PEラインの上を行くラインは現状存在しないため、【より感度良く、アジングを楽しみたい】そんなときは、PEラインの使用をおすすめします。

エステルラインの特徴

聞き慣れていない人も少なくはないでしょうが、アジングでは「エステルライン」を使い楽しむという選択肢もあります。エステルラインは伸びが少なく、PEラインとフロロカーボンの中間にあるようなラインであり、感度も良く、比重が(PEラインより)あるため、風が強い日やボトムを取るような釣りに向いているラインですね。

しかし、エステルラインには「直線強度が弱い」と言ったデメリットがあり、慣れるまではキャストしたときや、アジとのやり取り中、抜き上げ時にラインブレイクしてしまう・・・という事態が起こりやすくなるため、その点に注意が必要となります。

結局、アジングではどのラインを使うのが一番?

PEライン、フロロカーボンライン、ナイロンライン、エステルライン、アジングで使うラインの特徴を簡単にまとめてきましたが、「結局どのラインを使えばいいの?」という疑問が沸々と湧いてきます。アジングで使うラインは、自分に合ったモノを使うことが一番のため、ここでその答えを導き出すことはできませんが、LIGデザインに関係するアングラーの多くは「PEライン」「エステルライン」いずれかを使っている人が多いですし、個人的にはPEラインをメインに使うことがほとんどです。

ただし、前述のようにPEラインとエステルラインは非常に癖があるラインであり、アジングを始めたばかりの初心者の方がいきなり使ってしまうと【ライントラブルが頻発する・・・】という事態が頻発することが懸念されるため、慣れるまではナイロンライン、もしくはフロロカーボンラインを使い、アジングを楽み、スキルアップと同時にPEライン、エステルラインを使っていくのが良いんじゃないかな?とは思います。

関連記事

  1. アジングの「合わせ方」と「アタリの取り方」を知る。乗らないときの対策方法も公開!…

    2018.11.27
  2. ライトワインドでアジを狙う!その釣り方を紹介

    2018.10.29
  3. 一度使ったワームは使い捨てにすべき?

    2018.10.04
  4. アジングでリリースするときに意識しておきたいこと

    2018.11.27
  5. 風が強い日にライトゲームを楽しむコツと、対策方法

    2018.10.10
  6. アジングは難しい?アジをワームで釣るときの難易度を考えてみる

    2018.11.27
PAGE TOP